ご検討中の方へ
HOME > ご検討中の方へ > 医療保障・所得補償について
医療保障・所得補償について

imageもしも、病気になってしまったり、ケガをしてしまったときの「備え」について、皆様はどのようにお考えでしょうか?

大きく分けて「医療保険」、「がん保険」、「所得補償保険」、「傷害保険」などがありますが、
ここでは日本税理士共済会の「医療保障」と「所得補償」についてご紹介します。
imageそもそも、「医療保障」と「所得補償」の違いはなんでしょうか?

それは、「医療保障」が、病気やケガで入院したり、手術をしたりした場合に給付金を受け取ることができる、文字どおりの医療費に対する「備え」であるのに対して、「所得補償」は、病気やケガにより、就業が不能になり収入が減少した場合の「備え」という点にあります。

○「医療保障」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 病気やケガで、支払った入院費や手術費用などの備え
○「所得補償」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 病気やケガで、就業不能になったときの収入減への備え
皆様は必要なときに「使える」保険に加入されていますか?

保険の必要性を身にしみて感じるのは、不幸にも病気になってしまったときです。
ご家族の支えだけでは足りないことがあるかもしれません。
今のままでは足りないかなぁ、と思ったら、日本税理士共済会の「医療保障」への加入をお勧めします。
選べる「医療保障」マイセレクト

病気やケガで就業不能になったときの備えは
所得補償

選べる「医療保障」マイセレクトと「所得補償」は1年更新ですから、ライフプランの見直しに柔軟に対応できるメリットがありますので、この機会に是非とも日本税理士共済会の「医療保障」と「所得補償」をお選びください。

税理士事務所・税理士法人の全職員・全社員を対象とした、全員一括加入の医療補償が新登場!
ハイパーメディカル(医療補償事務所加入プラン)

その他、中高年向けの医療保障として、シニアにきちんと医療保障というものもあります。
シニアにきちんと医療保障
ページの先頭へ
日本税理士共済会
〒141-0032 東京都品川区大崎1-11-8 日本税理士会館5F
Tel. 03-5740-0321

日本税理士共済会は、(財)日本税務研究センターが運営する「日税研通信ゼミ-税研レポート研修制度」を支援しております。
日本税理士共済会のウェブサイトを閲覧されるには、最新版の Adobe® Flash® Player / Adobe® Reader® が必要です。